備忘録的に

こんばんは

沖縄から帰り通常の生活をしております。
ツールドおきなわに参加された方のブログを拝見させて
いただいておりますが、皆様の奮闘ぶりは大変面白く、
参考になります。そして私の様に体脂肪率20%超えの
肥満が完走できたのはよほどの幸運だと思いました。
そんな初おきなはについて備忘録的に整理したいと思います。

①参加のきっかけ
元々はダイエット目的で自転車に興味を持ち、自転車系の
サイトを覗いているうちにツールド沖縄の存在を知ったことと、
漫画「シャカリキ」を読んだことで興味を持ちました。
いつかは走ってみたいと思っているだけでしたが、春に経験
十分な師匠に出会って、一気に現実の世界に。
順位を競う(そもそも競えない)のではなく完走目的で参加する
ことにしました。

②試走
師匠から、試走を提案されて9月のシルバーウィークにコースを
試走しました。結果として厳しい条件でも完走できたのはこの試走が
あってこそです。
与那の坂や東海岸のアップダウン、羽地ダムの登りの間隔も体感
できたのが良かったです。
実際、試走では脚攣りを経験したので、本番の補給にも役立ったと
思います。
また、下りのテクニックや集団走行(風よけ)のテクニックもこの試走で
経験できました。
与那に宿泊しましたが、とっても良かったです。この話はまた別の機会に。

③その他の練習
実は、仕事の関係もあり実走行距離は過去2年と比べて少ないです。
そのなか、メディオということで心拍をmax×80%位をキープして
心肺機能を強化する練習をしました。
登りのコースを走ることがあまり出来ませんでした。
結果、平坦や下りでは調子が良かったのですが、登りは鈍足の
ままでした。

④前日の食事
制限すべきでしたが、沖縄の気分にまかせてアルコール摂取。
スタートが30分遅れたので逆に助かったのかもしれません。
食事は特に制限せずに好きなものを好きなだけ。

⑤当日朝の食事
さすがに消化の良いものを食べようと思い、油ものを避けて、
タンパク質と炭水化物中心にたっぷり。バイキングでしたので、
ゆっくり消化できるように心がけました。

⑥レース直前の食事など
スタート地点で待つのはわかっていたのでペットボトルの
スポーツドリンクとカステラをちょこちょこと食べて、エネルギー
補給してスタートに備えました。
奥の会場では地元の方が準備してくれた黒糖や飴などの
軽食や水分補給も十分な環境ですし、荷物運搬への預けも
スタート直前まで可能でした。この様な情報も師匠から教えて
頂いたので「シャカリキ」の持ち込みも出来ました。

⑦補給食など道中
補給も試走で練習しました。師匠からは45分ごとにエナジー
ジェルを一本取るように言われてました。
試走で足攣りも経験したので、少し早めに30分ごとに補給する
事を心掛けて、マグオンのジェルを5本ほどを100均の醤油刺し
みたいなのに入れて持ち運びました。
ジェルのベタベタした感じが嫌いなので、、水分は真水のみです。
真水と言えば、宿周辺のコンビニで水を買おうと探したところ、
3件目にしてやっと見つかりました。しかも最後の一本。

⑧そのほか機材
ホイールをデュラC24にしたことと、タイヤをコンチGP4000にしました。
この結果、下りの安定感が増しました。(普通は登りが良くなるみたいですが)
これまでの鉄下駄ホイールでは下りの高速回転ではグラグラしていた感覚が
まったくなくなりました。

とりあえず思いつくところをざっと。
今後もクリテリウムなどの平坦レースを走る気持ちはありません。
ヒルクライムレースも来年から絞ってエントリーしたいです。
もっと純粋にロングライドを楽しみたいと思います。
ただ自転車に乗るだけでも楽しいですからね。
それよりも減量をしなくては・・・オールスポーツの写真を見て、
自分のブヨブヨ感にがっかりです。
完走はできましたが、本来の減量が出来てません><
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みきおじ

Author:みきおじ
あらふぉーおっさんの自転車通勤日記でした。

転勤して自転車通勤できなくなったので中断してましたが、

不定期で何かかきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR